自己肯定力を上げる心の本棚

シンクロブックのエッセンスをお届けします。

デートDV そんな人とは別れなさい!はNGです

むしむししますね〜
 
トイプードルは毛が抜けない分
もっさもっさになってしまうので
トリミング命!
さっぱりしましたあ
それに洗い立てだから
良い香りがします

 

f:id:withwoman:20220722051934j:image

 

 

本日のテーマです!
 
 
デートDVって?
 
エンパワメントかながわ理事長

阿部真紀さんの著書

「暴力を受けていい人は誰もいない」
 からナビゲートさせていただきます!

 

 
 デートDV(恋人間の暴力)
このことばが出来た事で
好きな人であっても
嫌な事は嫌だ!と言っていい事を
知る事が出来て伝える事が出来る
 
 
 
デートDVの予防プログラムを
高校生から初めてみたら
 
 
交際している生徒同士の
間に入り悩んでいる教師からの
相談なども含めて
次から次への事例
 
「そんな人さっさと別れなさい」
という言葉はNGだそうだ
 
 暴力的な言動の後に一転して優しくなり
一見ラブラブな時期が戻ってくるという
サイクルが繰り返される
 
 常に暴力的なわけじゃないのよ
優しい時も沢山あるからこそ
誰だって欠点はある
完璧な人なんて自分も含めて
いないからと思っちゃう
 
 まさにその仕組みは
マインドコントロール
まして好きでお付き合い
している相手ですから。
最強の洗脳だよ!
 
 
そして別れを切り出したら
もっと怖い事が
起きるという事を
教え込まれているんだから
 
 
結婚してるわけじゃないのに
なんでわかれられないのーー!!
 
 
自分の好きになった人を否定されたくない
だってその人を選んだ自分も
否定されるような気持ちになる
 
 
心配をかけたくない
別れられないからもう話せないと
孤立してゆく
 
じゃあどうすればいい!!
 
別れられなくて悩んでいる
その人を否定しない
説教しない、誰かを比較対象にしない
 
 
「あなたは私にとって大切な人」
「どんな理由があっても、
そんな目に遭っていいわけがない」
「自分を責めなくていい」
 
 
怖かったという気持ちも
まだ好きだという気持ちも
受け止める事
その人の自尊感情を取り戻してゆくための
大切なステップになるのだから
 
 
「身体的暴力」
 
噛む、つねる、髪の毛をひっぱる
腕をねじ上げる蹴る、突き飛ばす
物を投げる、平手打ちをする
刃物で切り付ける、首をしめる
床や壁に体を押し付ける
薬物、アルコールの無理強い
 

「精神的暴力」
 
大きな声で怒鳴る
思い通りにならないと不機嫌
人格を否定する、無視する
暴力の責任をなすりつける
大切にしている物を捨てる、壊す、
人前でバカにする、見下す
殴るそぷりをして脅かす
別れたら自殺すると言う
家族に危害を加えると脅かす
 

「行動の制限」
メールやSNSの返信が遅いとキレる
メールやアドレスをチェックし消す
他の異性と話すなと言う
人付き合いを制限する
交友関係を監視する
いつどこにいるか常に監視させる
服装を制限する
自分の予定にあわせるよう強要する
電話にでないとひどく怒る
 

「性的暴力」
同意のないあらゆる性行為
避妊に協力しない
中絶を繰り返させる
性的嗜好を押し付ける
無理矢理ボルノをみせる
性行為を撮影したり
ネットに公開すると脅かす
 
 「経済的暴力」
 デートの費用をいつも負担させる
借りたお金を返さない
見合わない高価な物品を要求する
経済力を悪用してコントロールしようとする
アルバイトを強要して貢がせる
支払いを強要する
 
 
20代以上のデートDVでは金銭の
問題が数百万円になることもあるのだ
 
 
相手を思い通りにするために
あの手この手なんだよね
 
 
恋人同士だと愛されてる証拠〜と
思う人もいるし
境界線が難しいのだろう
 
 
本当にこれは愛情か?
本当の自分の気持ちは?
 
 
自分の気持ちを大切にする事から
やってみる。
 
 
加害者は“自分より弱いと思わせたい者へ
「お前は自分よりダメだ!」
というメッセージを送る
 
 
つまり「自分はダメだ」
というメッセージを
受け続けた人がそれでも
そこに立っている為に
自分より弱い物を作り上げる為に
さらに暴力を振るう
 
 
   この連鎖を断ち切るキーワードが
 
「人権」「エンパワメント」

  「人とのつながり」
 
   なのだと考える

 

デートDV防止ワークショップ活動をしている

エンパワメントかながわのHPです! 

 

https://npo-ek.org
 
 
エンパワメントとは
その人がもともと持っている力を信じ
その力を引き出すようにかかわること!
 
 
 
アドバイスはいらない
その人を否定せず説教せず
その想いに耳を傾ける事で
エンパワメントパワーが
その人を自立へと導いてゆく
 
 
 その昔私自身も愛情深さと

履き違えていたと思うところがある

 

若かったという事ではなく

私自身の自己価値が低かった

んだろうと思っている(^ ^)

 

それは私が私らしく生きるための

出発点でもあったのだと

思っています

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます!