自己肯定力を上げる心の本棚

シンクロブックのエッセンスをお届けします。

心の中にいる子供の自分

 

f:id:withwoman:20220215053846j:image

 

オリンピック王者の

羽生選手が挑んだ4回転半。

心の中に9歳の自分がいて

あいつが飛べ!って言ってきた。

フォームはその頃と変わっていないのだと。

9歳の自分と一緒に飛んだ。

 

素敵なコメントありがとうですよー

ヒプノセラピストの私にとりましても

嬉しく励みにさせていただける^_^

 

大人の自分と子供の自分のコラボ。

分離せずに共に夢に向かって

最高の自己表現が出来る。

羽生さんほどになると

天命まっとうだね^_^

 

「あいつが飛べ!って言った」

の口調もよかったなあ。。

最高の相棒のようだった。

トップランナーの孤独の中で

羽生さんにとっての最高の相棒。

 

私達も探して見ても良いね^_^

 

子供の頃大変な思いをしていると

なかなか思いつかないかもしれない。

でも。だからこその

当たり前ではなかった

あの瞬間の心地よさや

唯一の自分の時間や

砂漠の中のオアシスのような

貴重な空間、波動、感覚、感情などを

今の自分で追体験してみよう。

そしてそれこそは大人になった

我が身に持ちこそう。

可愛いーー綺麗ーーカッコいいーー

食べたいーー触りたいーー会いたいー

歌いたいー踊りたいーしゃべりたーい

欲しいーー行けーー。突撃だあーー笑笑

決して頭良さそうではない笑笑

それでいい!

子供心は創造のパワーを生む。

あー。私の中のあの子が

いけーやれーいいぞーー♡と

言ってくれるように

もっと仲良くなりたいと

思う北京オリンピック観戦である^_^

まだまだまだまだ私は

賢者にはなれぬからね。

個人的には

平野歩夢とショーンホワイトの

新旧交代の感動シーンが泣けた

 

ピークを越しても最後まで

挑戦する王者の引退は

王者を維持してゆくその

姿以上に神々しい。

まさにライトワーカー。

爪の垢も貰えないのは残念なんだけれど^_^

 

今日は朝4時半に気持ちよく

目覚めてしまい。。

皆さまも良い一日をお過ごしくださいませ。