自己肯定力を上げる心の本棚

シンクロブックのエッセンスをお届けします。

思い込みの確認と書き換えもう一つのおはなし


帰省して実家チームと過ごす中。

それぞれの想い出がたわいない

会話から飛び出す。

そんな時間もとっても好きです。


その昔は恨み節がそれぞれ多かったなあと

思う。本当に皆んな変わりました。

自分が愛されているという証明を

したがったり必要とされている重要な

立場であるという感覚を優先したい

ばかりに口から出る言葉は

いつも誰かしらが犠牲者になってね。

それに気づいている者もとっても

悲しい気持ちになりますよね。


それぞれのかかえる罪悪感が見事に実り笑笑

それぞれ素直になっていきました。

素直にならなければ

自分が辛いだけだと言う事、

そして自分の中の孤独感と寂しさに

気づいてしまったのです。

蓋がとれちゃった^_^


循環する言葉も想いも全然違うんですよね。


時間はかかりましたけれど

実家帰省が幸せな時間へと

書き換わりましたね。

もっと不幸な家族はあるんだからと

言い聞かせなくても良くなりました。


勿論実家チームにとっても

私が帰省する時間が違うものに変わった

んですよ。

そうですね。

私自身も自分の想いでいっぱいになって

皆んなの気持ちを無視していたのだと

思います。


愛の押し付けをしていたのだと思いました。

相手がどんな愛を好んでいるのかを

きっと無視していたのだと思います。

相手の辞書を軽視していたのかも

しれません。


妹達も子供との関係が良くなったそうです。

自分が変わると周りも変わる!


さて今生の原家族との学びは

すすめたかな^_^